2019作成キット

スポンサーリンク

English

MG RX-78-2 Gundam Ver.3.0 Solidclear

2018年にセブンイレブンの一番くじで当たったガンプラ。部分的にクリアパーツが使われていて無塗装でもかっこいいキットです。しかし塗装をするとなると話は別で自分の作風ではこのクリアパーツの活かし方がわからずに悩んだけっか普通にぬりました。使用感を出したいのでガンダムは”正義の味方”の雰囲気が強くガンダムを作る時は毎回悩みます。Ver.3.0は以前お台場にあったガンダムの1/100スケールといった感じでMGガンダムver.2.0や1.5に比べるとかなりパーツが細かく分割されている印象です。自分は兵器の感じを出したくて”汚し”の効果で立ち上げ塗装をしていますがパーツの細かさが難易度を上げていて実力の問題もありますがほぼ立上げ塗装感はなくなってしましました。ともあれこの価格帯のマスターグレードに比べると作りごたえのあるキットでした。土台はアクリルにメディウムで少し起伏を作ってコルクシートを貼って塗装をしてあります。


MG MS-07B Gouf Ver.2.0

残念な事にVer.1.0は作っておりませんが前作に比べるとかなりボリューム感が出てマッチョな印象です。プロポーションはややアニメに出てきたグフに近い気がします。キット自体もかなり作りやすくサクサク組みたてられました。塗装はサフからの立ち上げ白をクリアブルーとGXディープクリアブルーでの塗装で作成してみました。プロポーションの変更はありませんが肩のスパイクを鋭角に加工してあります(刺さると痛いです)。エナメル塗料での墨入れとウェザーリングペーストで砂漠感を意識して汚しをしています。


MG MS-14A GELGOOG Ver.2.0

”一年戦争でパイロットがわかるMS”をテーマにスタンダードな色で進めてきました。発売当時のゲルググVer.1.0を作り始めてすぐにパーツを紛失か破損をして作成断念した苦い思い出のあるキットでリベンジも含めて今回作成しました。量産機が好きなのですが今回はテーマに沿ってストレートにシャアの色で塗装してみました。塗装は赤サフにガンダムカラーのシャアピンク立上げと黒サフにガンダムカラーのアズキ立上げです。

スポンサーリンク
Hoss.gをフォローする
試行錯誤のガンプラ作成ブログ ”Trial and error Gunpla creation blog"
タイトルとURLをコピーしました