アクリル板とコルクシートでジオラマ風の土台を作る!!!

スポンサーリンク
飾り台

ひび割れたアスファルトを作る!

完成したプラモデルを飾るための土台を作っていきたいと思います。土台があると雰囲気出ますよね!
100円ショップなどに売ってる容器を活用するのもいいのですが、都合のいいサイズがあまりないので自分は毎回アクリル板を組み合わせて作っています。今回は戦地にありそうな割れたアスファルトの土台を作っていきたいとおもいます。

基本の台作成

W250mm×D250mm×H20mm程度の台を作成してこの前作ったシャアザクを飾りたいと思います。ホームセンターなどに売ってるアクリル板をカットして溶剤で接着して箱型にしています。今回は厚さ3mmのアクリルを使っていますが塩ビ板などでも作れます。
塗装をするので#600で全体に軽くやすりをかけています。

起伏を付ける

まっ平だとつまらないので以前もらったメディウムと呼ばれる何かで起伏をつけていきます。時間はかかるのですが程よく良く硬化するので気に入っています。しっかり起伏をつけたい場合は紙粘土を使ってもいいと思います。

起伏を付けてある程度固まったら表面を滑らかにするために追いメディウムをして乾く前にティッシュペーパーを貼ってマイルドにしていきます。ティッシュペーパーは二枚重ねになっているので一枚にして貼りますそしてまた乾燥

砂面

乾燥させたら砂っぽい感じになるスプレーを塗装。乾いたら 接着剤を塗って起伏が自然になるくらいまで砂をかけて固めます 。接着剤は木工用ボンドを水で薄めたものを塗っています。

コルク+塗装

軽く塗装をしてこその上にコルクシートをちぎって配置していきますがどんなふうに切るか下書きをしています。コルクシートを下書きの線に沿って指でちぎって形を作っていきます。軽く隙間を開けて木工用ボンドで貼りつけて乾燥。隙間が空いてた方が雰囲気出ますよ!

ウェザリング

接着剤が硬化してコルクシートが動かなくなったらコルクにアスファルトっぽい色を下塗りします。
ひび割れた部分にGSIクレオス Mr.ウェザリングペーストを入れて割れ目の間から下の土が見えてるみたいな感じの演出をしています。結構感じでてきました。

完成

少し色の調整をして完成です。とりあえずてもとにあっMGたシャアザクで撮影!雰囲気でますね。できれば量産型のザクで撮影したかったです。毎回試行錯誤しながら作っているので手順が毎回違うのですが何度も作っていい方法を見つけて行きたいとおもいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました