MG ケンプファー 作成 #2 ディテールアップ編

スポンサーリンク
作成記録

こんにちは 仮組が完了したケンプファーですが今回はディテールアップを施して行きたいと思います。

頭・胴体

1mm角プラ棒を好きなところにはっています。
腹部の動力パイプはかっこいいのでそのままにしました。
首下のディテールでできたパイプはメタルのディテールアップパーツのメッシュパイプとメタルパイプ4mmを使っています。
メタルパーツは塗装しないので外せるようにしておきます。

脚はプラ棒でのディテールアップを施します。大腿部と膝、スネとカカトにプラ棒を貼りました。今回はこのくらいで終わりにします。

プラバン

プラバンカットのいい道具を教えていただいたので使ってみました。
この道具はダイソーで300円で購入できます。ちゃんとセットできればまっすぐにカットすることが出来てかなりの優れものです。足の側面に接着剤で貼ってみました。カットした部分は多少ヤスリ掛けが必要です。
今回切りやすそうな0.2mmを使っています。
足の側面に接着剤で貼ってみました。カットした部分は多少ヤスリ掛けが必要です。
貼ったプラバンは接着剤の影響を受けてヒケのような感じになってしますので後からヤスリ掛けで整える必要がありますね。できればもう少し厚いプラバンの方がよかったかもしれません。
上手に使えば作業効率が上がりそうです。今後も積極的に使っていきたいです。

参考ページ ”ガンプラ騎士団のブログ”

同じサイズの穴をあければ丁度よくはまるのでお手軽ディテールアップです。

今回電動ドリルで穴をあけたのですが少し力が入りすぎて割れてしましました。ピンバイスであればスピードのコントロールもしやすいので割れにくいと思います。

今回は接着剤でうまくなおりましたが穴あけは慎重にやってください。

完了

本体のディテールアップはこれで終了です。
メタルパーツ・プラ棒・プラ板を使いました。かなり手軽にディテールアップ出来たと思います。
プラ棒だけでもかなりかっこよくなるのでぜひ試してみてください。
次は武器の作成をしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました