2021年の印象に残ったプラモデル

etc.

こんにちは管理人です。2021も終わり新しい年を迎えました。昨年は全部で14体作成しました。簡単だったものや苦戦したものなどいろいろありましたがブログを本格的に指導し始めてからコンスタントに作成活動をするようになりました。今回は2021年に作成した中で楽しくて印象に残ったキットを振り返ってみようと思います。

ガンダムストームブリンガー F.A.(フェイタル・アッシュ)/ジム・タービュレンス

以前プレミアムバンダイにて販売していたキットです。販売開始した時は見送っていたのですが後から作ってみたくなり偶然中古屋で少々割高で購入しました。
フルアーマーガンダムみたいでかなりカッコいいキットで顔つきもよかったです。
ジムスナイパーⅡやドミナス等にストームブリンガーのパーツを足すことで構成されたキットです。
完成するとかなりパーツが余るので他のキットを作る時の改造パーツとして使うことが出来そうです。

作ってみた印象はジムスナイパーⅡがベースになっているので可動範囲はかなり広く簡単に片膝ポーズが取れます。そんなこともありバズーカみたいな物と背中のプロペラントタンクを3Dプリンターで作ってみました。
HGディテールパンチを購入して使ってみたのもこのキットでした。

作りやすくかっこいいキットでカラーリングもイメージしやすかったです。

作成工程はこちら↓↓↓

MG 1/100 MS-06R-2 ジョニー・ライデン専用ザク Ver.2.0

ジョニーライデンザRは2021年10月ごろに作成しましたが高機動ザクが入手困難でAmazonで割高購入しました。現在もガンプラの高騰は続いています。
このキットはプラ板プラ棒によるディテールアップをしたもののシンプルに作りました。
カラーはグラデーション塗装で仕上げました。胸などに使っている茶色部分は二色くらい混ぜて作ったのですが作りすぎてしまったので今でも余っています。
キット的には安定の作りやすさです。他のザクRがあったらまた買いたいキットです。

作成工程はこちら↓↓↓

MG ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム

偶然安く購入できたストライクフリーダムです。作成期間はだいたい一か月くらいかかりました。

3Dプリンターで背中の羽とロングライフルを作りましたが作業時間の大半を不慣れな3Dプリンターでのデータづくりにとられました。

ドラグーンシステムも8基あってつなぎ目消しがあったので修行のようでした。かなり時間がかかる要素もあります。

感想:キットの感想というよりは3Dプリンターでバックパックを作ったことで2021年で最長の作業時間となったのがこのキットでかなり記憶に残るものになりました。今年も部分的な改造を含め積極的に使っていこうと思います。

作成工程はこちら↓↓↓

PLAMAX サーバイン

予約してから半年くらいかかって到着したキットです。バンダイ以外のキットを作るのが久々だったので完成させられるか不安のまま作り始めました。

固定モデルでマスキング等がしにくかったので手足切断して塗装が完了してから最後に組立てをしています。

基本的にはエアブラシでの塗装ですが、かなりの部分を筆塗で塗装しています。

このキットは久しぶりの固定モデルでしたが比較的困難なく作ることが出来ました。造形もかなりシャープでかっこいいキットでした。ガンプラばかり作っている管理人ではありますがたまにはこんなキットを作ってみるのもいい経験になりました。今度はファイブスターストーリーのナイトオブゴールドでも作ってみたいと思います。

作成工程はこちら↓↓↓

まとめ

2021年に作った14体の中で印象に残ったキットを振り返ってみました。今回上がらなかったキットの中にも作りやすかったりかっこよかった物もありますが今回は総合的に管理人の思い出での抜粋となります。
2022年もMGキット中心に作って行こうと思いますのでよろしくお願いします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました