スポンサーリンク

mg ニューガンダム ver.ka 作成 #3 基本塗装

Gundam

こんにちは管理人です。
ついに本体の塗装です。純正カラーに近い色合をグラデーション塗装で塗ってみました。

スポンサーリンク

使用塗料

νガンダムを作るために3色ほど購入しました。一回使って二度とつかわないカラーも数多くあります。

塗装

インナー

インナーフレームは黒をベースにパール+つや消しクリアで塗装しています。部分的にブラック+クランベリーレッドパールでアクセントをつけて金属の違いを表現しています。
クランベリーレッドパールは現在販売を終了していて入手することが出来ないのでパール+クリアレッド等で混ぜて色を作る必要があります。
ほんのちょっとゴールドも使っています。

バックパックは金属素材の違いの雰囲気を出したかったのでブラック+パール(ブルー)を使いました。思ったよりもブルー感が強かったです。基本的に少ししか見えないので印象が強めでもいいのかもしれません。

ワンポイントの塗装にガンダムマーカー。アクセントをつけているのでメカニカル感がアップします。

使用塗料(インナーフレーム)
サーフェイサーブラック1500 → ホワイトパール
サーフェイサーブラック1500 → クランベリーレッド
サーフェイサーブラック1500 → ブルーパール(バックパック)

頭部

ホワイト 
サーフェイサーグレー1200 → 灰色9号
イエロー
サーフェイサーグレー1200 → ダークイエロー
ネービーブルー
サーフェイサーブラック1500 → ネービーブルー

メインカメラ等が光るので部分的に遮光性の高いシルバーを下地に塗っています。
パーツ下部分からLEDユニットの光が入るので事前にマスキングゾルで保護しておきました。
全体にブラックを塗って最後に目の部分を綿棒にラッカーの溶剤をふくませてでふきとりをしています。

胸・腹

ネービーブルー
サーフェイサーブラック1500 → ネービーブルー
ホワイト 
サーフェイサーグレー1200 → 灰色9号
グレー
サーフェイサーグレー1200 → 明灰白色1

ホワイト 
サーフェイサーグレー1200 → 灰色9号
グレー
サーフェイサーグレー1200 → 明灰白色1
レッド
サーフェイサーマボガニー1000 → レッド

腕・肩

ホワイト 
サーフェイサーグレー1200 → 灰色9号
グレー
サーフェイサーグレー1200 → 明灰白色1
イエロー
サーフェイサーグレー1200 → ダークイエロー

ホワイト 
サーフェイサーグレー1200 → 灰色9号
グレー
サーフェイサーグレー1200 → 明灰白色1
イエロー
サーフェイサーグレー1200 → ダークイエロー

脹脛のダクトや肩などのバーニアはゴールドを缶スプレーで塗装しています。

パーツ単位ですが軽く色分けをするだけでかなりかっこよくメカ感がアップします。

スミ入れ

スミ入れはブラックとグレーを使用しています。
ネービーブルーの部分はグレーを使用、他はブラックでスミ入れしています。

デカール

今回はかなり多くデカールをはってみました。細かいデカールも多く老眼になりかけの中年にはキツイさぎょうでした。デカールだけでも2日ほどかかりました。

ふくらはぎの大きいデカールはシワができやすいのでマークソフターを使って処理しています。

完了

塗装完了です。予想通りの色合いになりました。
やはりパーツ数が多いので時間はかかりましたがスムーズに進んだ気がします。根気がポイントです。

ネービーブルはグラデーション塗装をしているのですがつや消しクリアを上から吹いたらグラデーションがほとんどわからなくなってしましました。ホワイトなどを混ぜて薄めの色に合わせてもよかったかもしれません。
ホワイトとグレーはいい感じにまとまったと思います。

次は最後の作業、ウェザリングです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました