瓶のサーフェイサーを薄めてストックしておく!

etc.

瓶のサーフェイサーをあらかじめちょうどいい希釈にしておこうと思います。

毎度かなり塗装するので瓶のサーフェイサーを使ってエアブラシで塗装すると無くなるたびに希釈しなくてはいけなくなり濃度もバラバラになりがちです。そんなめんどくさく作業から脱出する事ができます。

100円ショップで買ってきた容器。食器コーナーにあったからドレッシングとか入れるヤツかな?これに希釈したサーフェイサーを入れていこうと思います。

瓶から容器に移す時にこぼれそうなので比較的口の大きい物を選びました。

底に沈澱しているのでしっかりかき混ぜます。

瓶のサーフェイサーを全部流し込みます。口が大きいので安心して注げます。

サーフェイサー用の薄め液を開けた瓶に入れます。この時サーフェイサーが入っっていた分量と同じ分量入れます。残ったサーフェイサーを出来るだけキレイに落とします。


これを容器に注いで完成です。2倍に薄めたサーフェイサーになりました。これでサーフェイサー塗装もずいぶん楽になりそうです。

空いた瓶はこのくらい残っています。

瓶に貼ってあるラベルを剥がしていいサイズにカットします。

容器に貼っておけばわかりやすくていいです

空になったスプレーから中の玉を取り出します。今回は3缶分、1缶に2個の玉が入っています。ガラスのようです。

キレイに掃除した玉を2個ずつ入れておきます。使う時の撹拌がしやすくなります。

ブラック、グレー、マボガニーの3種類を用意しておきました。今回買った容器では3個分くらいが限界のようです。カラーもやりたいのですがいいサイズの容器に出会えません。見つかればよく使うカラーは作っておいてもいいかもしれません。
最後までご覧いただきありがとうございました。




コメント

タイトルとURLをコピーしました